乾燥肌向け春の肌ダメージとスキンケアについて

モリンガオイル

 

春はシーズン的に移り変わりの時期であり、乾燥肌タイプも辛い時期ではあります。でもこの時期ならではの特徴を知り、それに対してのスキンケアをしていくことで、乾燥をしがちな肌でも乗り切ることができます。

 

スキンケアの前に、なぜ春がトラブルの多い時期かを知りましょう。時期的に女性は体内ホルモンのバランスが乱れやすくなります。花粉が勢いよく舞い散る時期でもありますので、これによって皮膚にはアレルギーを生じやすくもあります。

 

でもやはり最も大きな理由としては、皮膚の乾燥がさらに加速をする時期だからです。だから乾燥肌のスキンケアでは、シーズン的なこともありますので、潤いアップのお手入れを心がけることです。寒いのが乾燥という意識がありますが、気温が暖かくなる時期も乾燥は強くなります。

 

時期的に暖かい気温の爽やかさもありますが、温度差が1日で大きいのもこの時期です。日中は暖かくて温度が上がりますが、夕方から夜、そして明け方はまだ寒いという温度差がありますので、温度が低い時間帯を過ごす時期でもあります。

 

温度差がアップダウンするのは、肌にとって辛いことでもあります。乾燥する空気の中で過ごしますおんで、皮膚からの水分蒸発は激しくなります。乾燥がとても激しい冬を通り抜けたと思ったら、今度は暖かくなる時期の乾燥があるので、スキンケアでも油断はできません。

 

乾燥肌の人は春の時期には、ローションをたっぷりと使うことを意識しましょう。スキンケアの基本は水分のローションで満たすことを意識して、更に水分を保つためにも美容成分の、美容液を使いましょう。

 

そして油分のベールを纏うために、オイル系クリームを塗ります。オイル系クリームがあることによりまして、素肌から潤いを逃がさないお手入れができますので、乾燥にも立ち向かうことができるスキンケアをすることができます。この時期にはまださっぱりタイプではなく、しっとりタイプの基礎化粧品を選ぶことです。